投稿

登山、しばらく筋肉痛

イメージ

普通になんか

イメージ
普通になんか生きるな
ギリギリのところで狂って生きろ!!

…と、例えばそんな言葉があったとしても
結局は、なるようにしかならない
優しくもあり、残酷でもある
なるようにしかならない
因果応報
クソッと壁を叩いても、その種は
自分が撒いてきた
二進も三進も行かないと気づいた時には
時すでに遅し

普通になんか…、それは負け惜しみ
普通は巨大な壁
その壁に及ばないのなら
今この時点から、出来ることを考えていくしかない
これから先の可能性?
そんな、小学生じゃないんだ
誰も教えてはくれない

一歩づつ
自分で道を造ってゆく

静岡県立美術館

イメージ

一人旅

平凡な朝が訪れる
それを幸せとは言わない
真夜中の熱い思い、それも幸せとは言わない

幸せとは
心が通うことだと思う

最高の景色とは
心を通わせた人と観る景色だと思う
一人旅はやはり寂しいもの
でも、一人旅に慣れないと

ここでいう幸せとは
とても贅沢な、幸せではあるけれど

山梨県立美術館、個展

イメージ

山梨県立美術館

イメージ

美しさ

綺麗な花を描くのではなく
花を綺麗だと思う心を描きたい

piece of cake

piece of cake
楽勝と
なかなかそうは言わせないように
世の中はできている

私には、どーってことないことが
人にとって、なかなかできないとき
その時、初めて言える
piece of cake

一つぐらい言いたい
普通の人の日常、あたりまえが
私には、
piece of cake
楽勝と、言っているようにしか
映らないから

デカイ氷山

どんな悲しみにもビクともしない
けして、溶けない
デカイ、デカイ、
喜びの氷山を私の中に造る

人がどうこうじゃない、私の中に眠る
喜びというか、楽しみというか、好きなことに没頭している感覚とでもいうか
そんな、デカイ氷山を造るんだ
ちょっとやそっとじゃ溶けやしない
どんな深い悲しみにも

今は、焼酎に浮かぶよな小さな氷でも
それは、五十、七十からでも遅くない
やがて大きくなる
デカイ氷山を__

そんなことを考えて
一人、遠くの健康ランドの居酒屋で
カラカラと
グラスに残った氷、少しだけ鳴らす

諏訪文化センター

イメージ
↑この娘が似顔絵描いてくれた↓ 俺より百倍上手!





プラクシス展

イメージ
PRAXIS 第9回〈美術のプラクシス(実践)〉展2019 4.23(火)〜4.28(日) 9:00-17:00 初日、お昼頃から 最終日16時まで 山梨県立美術館一般県民ギャラリーA、B 入場無料

数字占い

イメージ
腕時計が好きで
長針が示す数字を、昔から自分で考えて
数字占いをしている
迷った時は、役に立つ
良いと云われるものより、不思議の方が上なんだ


1・・・ONLY(唯一)
2・・・MIRROR(自分を映しだす)
3・・・MEET(何かと出会う)
4・・・STING(物事に斬り込む)
5・・・BANG(爆発)
6・・・TRAP(罠)
7・・・NAKED(ありのまま)
8・・・LOOP(輪、何度も繰り返す)
9・・・MAKING(まだまだ、準備中)
10・・・FULL(満タン)
11・・・WAY(道を知る)
12・・・NOTHING(始まりも終わりもない)


スズキの会長

イメージ
「何歳まで、若いっていうんですか?」

「百歳」

高円寺 はらいそ

イメージ
マスター


仲が良い

イメージ
仲が良い
ってのが、頂点だ

こんなに人がいるのに
そんな人になかなか出会えないなんて
変な世の中だ

一人と一人で
より良くなるのが普通、簡単な足し算
なのに、変な世の中だ

仲が良い
ってのが、頂点だ



恋ヶ窪 GURIRIN

イメージ

紙オムツが、コンビニの灰皿スタンドの上に、捨ててあった
「ひどいね」
見ず知らずの煙草を吸っているオッちゃんに言った
「この子供も、母親と同じになるよ」
と、オッちゃんは言った

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

違った教育をされていたら
違った世界になる

全ての5才児が
今とまったく違う教育を受けて大人になれば
世の中は今とは違う世の中になるだろう
未来というと
ハイテクとか空飛ぶ車とか思うけど
教育が淘汰されて
心の持ち方が、今と未来とでは違うと思う
そうでなければ、人類は滅んでいる

人は、心を持っていると疑わないが
成熟した心を持っている人など、ごく僅か
滅多にお目にかかれない
金が欲しいと、誰もがいう
なぜ?
立派な心が欲しいという人がいないのか

立派な心とは
人を見下さない心

ダメになるものなんか、ほっとけ

ダメになるものなんか、ほっとけ
私の中のダメなもの
そんなもの挽回したところで何になる

良いこと、ではなく
私が大事だと思うこと
その大事で私が向上すること
それに全力、全精神を

ダメになるものなんか、ほっとけ
ダメなもの挙げだしたらキリがない
気がつきゃ、ジジイだ
光陰矢の如し
私自体がダメになる
その前に

YUKINO

イメージ

夕日の光

死んだ後でも構わない
僕の絵がどこかの美術館に飾られて
たまたまその前を通った人が
絵の前で立ち止まってくれたなら、この上ない
それが、絵を描く目標

だってそれは、
夕日の光のような力を持つのだから

熱い気持ち

熱い気持ちを大切に
ダメだったら、また考えればいい

人生にもし、
失敗があるとしたら
それは、
熱い気持ちを大切にしないことだ

舞台

イメージ
あいつがサヨナラした世界だから
俺は悪にでもなろうかと考えた

だけど、よく考えて
あいつは役目を終えただけなんだと考えた
何かの役割があって
この舞台に立つ

みんな、完璧な世界を目指して
日々、邁進する
完璧な世界とは、秩序ある世界ではない
誰もが思い通りに生きて
それで成立する世界

生きるとは
「生きたいように」生きること
いつ舞台から降りてもいいように
やっぱり……悔いを残さぬことでしょうか

そして、見られているのです
変な話をします
スポットライトで、誰も気づきませんが
神さまとか、そういうんじゃなく
すぐ向こうに客席が__

あいつが笑ったり、
感動するよな
舞台にするよ

カッコいい

それは、誰がなんと言おうと
カッコいい

僅かな希望に人生を賭けるということ

ブルーカラー

今日はあまりにも寒いから
暑いことを考えた

「オッちゃん、暑くないですか?」
「オッちゃんは長いことやってるから、暑さはへっちゃらなんだよ」
ある夏の会話

嘘である、人間は恒温動物
暑さや寒さに身体を合わせることはできない
私が暑いなら
みんな暑い、オッちゃんも例外なく暑い
何十年も外で仕事して
オッちゃんにあるのは、慣れではなく「根性」そのものだ
そんなオッちゃんが好きだ

どんな時、
どんな風に、そう使われるか知らないが
肉体労働者のことを、ブルーカラーという

今日はあまりにも寒いから
サウナに行こう